マッサージで治療するなどして

江戸時代は子供へのマッサージが日常的に行われていたそうです。

小児按摩と呼ばれていました。

マッサージする事で病気の予防やもしかかってしまってもマッサージで治療するなどしていたそうです。

日本では戦後に触れない育児法が取り入れられ、赤ちゃんを抱っこする事をあまりしない育児法が主流となってしまいました。

親子がスキンシップ不足になる原因の流れが出来てしまったのです。

触れない育児法で育った子供は問題行動が多く不安や恐れ、他人への信頼関係家人間関係が上手くできないなどとなり、

感受性に乏しく他の事に関心がもてないなど、成長してからもさまざまな問題がでてきてしまうのです。

これではいけないと現代ではスキンシップの大切さが見直されています。

身体的に親子が触れ合うことは子供の成長に欠かせないものだということがどの本でも強く強調されています。

赤ちゃんから幼児期にスキンシップをたっぷり受けて愛情を沢山もらった経験をする事によって、

親子間の絆が深まり子供の情緒が安定します。

そしてその心理的安定感が自立の基盤となるんです。

赤ちゃんの時期にスキンシップをたっぷりとする方法のひとつとして、ベビーマッサージが有効です。

毎日15分位親子でふれあいの時間を作る事は、赤ちゃんに幸せな時間となります。

リラックス効果や幸せホルモン(オキシトシン)が放出されます。

その結果、赤ちゃんは愛されている実感を受け取る事が出来るので、

しっかりした情緒の基盤を作る事へと繋がっていくのです。

http://www.disasterlegalaid.com/